次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

子宮癌検診とは?検査方法や費用は?痛みはある?結果の見方は?

美容・健康

子宮癌検診とは?検査方法や費用は?痛みはある?結果の見方は?
  • 9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

ヒトパピローマウイルスの感染が原因で発症!

検査費用は病院によって様々!3千円~1万円程度が相場です!

子宮癌検診とは、子宮に癌があるかどうかを調べるための検診で、「子宮頸癌検診」と「子宮体癌検診」があります。子宮癌検診と呼ばれる場合、一般的には子宮頸癌検診を指します。というのも、子宮体癌は40代以降で発症する病気で若いうちからの受診は必要なく、20代、30代の若いうちは子宮頸癌のほうに気をつける必要があるからです。「若いうちから子宮癌検診を受けたほうがよい」といわれる場合は、子宮頸癌検診を指しています。
子宮頸癌は、ヒトパピローマウイルスの感染が原因で発症します。自覚症状はなく、感染してから5~10年ほどかけてゆっくり進行していくのが特徴です。そのため、子宮癌検診を定期的に受けていれば、ヒトパピローマウイルスに感染しているかどうか、子宮頸癌を発症しているかどうかを初期段階で発見でき、治療が遅れるという事態は避けられます。また子宮体癌については、初期段階で不正出血などの自覚症状が現れることから発見が遅れることは少なく、発症率が高まる40代以降で受診をしておけば問題ないとされています。
子宮頸癌検診の場合は、問診で月経周期や生理痛の有無、妊娠歴や出産歴、閉経している場合は閉経年齢などを確認した後で、子宮頸部やおりものの状態を確認し、子宮頸部の細胞を採取します。所要時間は5~10分ですみます。痛みはほとんどなく、時間的にも身体的にも負担の軽い検査です。
子宮頸癌検診も子宮体癌検診も、費用は病院によって様々ですが3,000円~1万円程度が相場です。精密検査まで進むと2万円以上することがあります。
子宮癌検診は、婦人科のある病院であればほぼどこでも受けることができます。また、自治体で集団検診などが行われていれば、地域の健診センターなどで受診することもできます。子宮頸癌であれば、検診で異常が見つからなければ3年以内に発症することはないため、最低でも2年に1回受けていれば問題ないとされます。
子宮頸がんも子宮体がんも、早期発見で完治できる病気です。そして、早期発見のためには検診が欠かせません。特に自覚症状のない子宮頸癌であれば、20代以降は定期的に子宮頸癌検診を受けてください。そして、もし不正出血が起こった場合には、子宮体癌の可能性も考えて、放置せずに早めに婦人科に相談しましょう。

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは
  • たった1回、5分の申請で”ほったらかし”で収入が入る〇〇とは・・・
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!